Time Series -(第1期)

神おこしとは-1 2009・1・10

神おこしとは、神々から希望を奪い闇の中に神々を封印した人類の責任が自らの内にあると気づき、その過ちの清算を神々の心と事情に触れながら自ら責任を持って果たせるところまで成長した人間によって、神々が再び希望を持ち立ち上がることです。

人間は神性を宿す神の子であり肉体は神性の神殿——神の宮です。その神の子たちが住む地域を守る鎮守・ 産土神うぶすながみ を祭る神社は(神社という形になったのは近年で、かつては目印になる岩や大きな木など、神々との出会いの場を指していました。)、本来地域の神殿であり、その地に神の子たちによる理想郷を創るために全体を導く役割で降り立った宇宙生命体の声を皆が共通に聞き対話(祈り)する地域の柱となる場でした。
人間社会にそれぞれ役割があるように宇宙生命体にも固有の役割があり、その地域に理想郷をつくるビジョンを持って降り立った宇宙生命体が産土神と呼ばれる存在なのです。

それぞれの地は本来理想郷となる場でありながら、親なるヤハウェの愛から離れた人間には、その親の愛と共に生き、兄弟姉妹が真の愛で調和しながら共存する理想郷の理解が出来ませんでした。そして愛に歪みがある男女によって創られる社会は、時と共に歪み、神の声はいつしか人間に届かなくなり、その願いは闇の中に葬られていったのです。

産土神の神おこしとは、神の子たちと共にその地に理想郷をつくるために降り立ちながらも、それを理解し共に創造出来る神の子がなく、自分本位に動く人間の穢れによって闇に閉じ込められてしまった宇宙生命体(産土神)を、人間が自らの責任で穢れという藪を浄化して解放することです。

人間がつくった穢れは神々のサポートの元に人間自身の責任で浄化し、人間により荒れ果てた地は、人間自ら耕さなければ元に還ることも、新しい田畑が生まれることもないのです。

MC(マリア・クリスティーナ・アスンサ=仁美)

2017-08-10T05:50:34+00:00 2012年6月5日|Time series1, ,