Time Series -(第2期)

神聖なる母性が柱となる宇宙経綸

世界経綸という視点から見れば、この度の宇宙経綸は第三次の世界経綸であり、男性性主導=父系イスラエル民族主導の経綸から、女性性主導=母系ヒッタイト民族主導にシフトした経綸として起動するのです。
そのため父系イスラエル民族は、母系ヒッタイト民族主導の宇宙経綸をサポートする立場に移行します。要するにヤハウェの母性を柱とした宇宙経綸となるのです。

男性主導の意識のままでは、宇宙経綸を担うことはできません。
今この世界に必要なのは、女性性としてのヤハウェの母性なのです。