Time Series -(第2期)

銀河系宇宙人類による宇宙経綸

アンドロメダ大銀河(M31)は、銀河系に最も近い銀河です。
銀河系から約230万光年離れたところにある直径20万光年以上の渦巻銀河であり、銀河系宇宙人類の祖ヤハウェの故郷といわれています。

宇宙経綸は、アンドロメダ大銀河(M31)から銀河系に飛来したヤハウェ一行により創造された最初の銀河系宇宙文明であるリラ文明期より幾度も繰り返された失敗を、ベガ系を経て、太陽系の第三惑星・地球文明で清算する銀河系宇宙文明の創生計画なのであり、銀河系外の宇宙人類は銀河系を監視はしても干渉はできない宇宙の法となっています。

大宇宙から見れば、銀河系の今回の出来事は癌細胞のようなものであり、大宇宙に癌細胞を繁殖することは厳しく禁止されているのです。
それゆえに、地球人類(霊界人を含む)に託された宇宙経綸は、銀河系宇宙人類と一体連携して行われる、多重層にシンクロする宇宙経綸となるのです。