Time Series -(第3期)

ヤハウェの愛と養父母なる神の愛

人類の養父母なるルシエルの愛は、神の子の神性を蘇生させて魔性を消滅する、破壊と創造のエネルギーとして働くのです。

ヤハウェの愛は、善悪を超えた創造の光そのものであり、ヤハウェの愛の前に善悪は存在しないのです。
だからヤハウェの愛は、ルシエルの愛を土台に初めて顕現できるのです。

ルシエルの愛が顕現しないところにヤハウェの愛は顕現しないのです。

父母神の認識にリンクを入れる。Orルシエルとサナートクマラが一体となって地球人類を導き育む父母神の立場にあります。この認識に帰着するまでの、段階的な歴史として、ルシエルのままで記載を残しています。父母神については、下記をご覧ください。

リンクを入れる
(※銀河系宇宙人類の祖にはじまる宇宙人類(神々)の系図をご覧ください。)

2017-05-04T15:43:59+00:00 2015年10月5日|Time series3, ,