Time Series -(第3期)

第二の天地創造歴史の出発

人類始祖の歴史清算の鋳型とは、
父系(プレアデス系→イスラエル系)の女性母系(シリウス系→ヒッタイト系)男性
父系(プレアデス系→イスラエル系)の男性母系(シリウス系→ヒッタイト系)女性
という二組の組み合わせ。

────即ち聖書のアダムとイブ、神道のイザナギとイザナミが、各々父系と母系の異種族の組み合わせになることで、プレアデス系とシリウス系による相剋の銀河系歴史を一気に終焉させる。これが、ヤハウェと神々による地球人類草創期の計画でした。しかし、性の戒めを破るだけでなく、同系同士の関係で堕落してしまったことから、神無き人類歴史が始まってしまったのです。

今回の宇宙経綸では、そのような遺伝子を有する神の子たちにより人類の歴史清算の鋳型を編成することで、相剋の宇宙歴史を清算する鋳型を創ることになるのです。愛による創造を始めるために草創期に願われたこの鋳型が出来ませんと未来創造の歴史は始まらないのです。

世界経綸における父系イスラエル民族と母系ヒッタイト民族は、この遺伝子的組み合わせによる歴史清算の鋳型を創ることが理解できずに失敗しています。
今回の宇宙経綸は、銀河系宇宙人類の長き相剋歴史の清算と地球人類歴史の清算をなすことにより神界と霊界、そして肉体を持つ地上世界を建て替え立て直す、即ち第二の天地創造歴史の出発となるのです。

人類始祖に願われた歴史清算の組み合わせ

2017-09-22T03:09:31+00:00 2015年11月25日|Time series3,