Time Series -(第3期)

受難を越えて成立した歴史清算の終焉

世界経綸の歴史課題を越えるために長期間の遅れが出ましたことを心からお詫び申し上げます。12月12日を契機にようやく本来の計画路線に修正し出発することになります。

世界経綸と宇宙経綸の狭間の中で、経綸を担う役割のある皆様には不動の神の子となる為に多くの試練と大禊(受難)があったことと思いますが、全ては私たちが神の子として成長し、世界経綸の歴史を清算して未来創造の鋳型となるために必要な受難であったとご理解いただきますようお願い申し上げます。

2015年12月12日に成立した歴史清算の終焉は、過去のイルミナティを柱とした虚構体制の完全崩壊を意味しているのであり、西洋と東洋の魔界も宇宙経綸の神意に従わなければ自らの救いの道が閉ざされてしまうことを意味しているのです。同時に西洋ではイエスが十字架から降ろされる道が開き、東洋では釈迦が闇から解放される道が開いたことを意味しているのです。今年のクリスマスは、イエスが十字架から降ろされる歴史的な記念日となるのですね。