Time Series -(第3期)

千年王国の始まりは審判の嵐から

千年王国が始まるということは、神ルシエルを筆頭とした地底シャンバラ世界の神々=宇宙生命体による虚偽の地上世界の浄化と破壊(立替え)、そしてヤハウェを初めとする銀河系宇宙連合体(太陽神界)との連携による宇宙文明の創造(立直し)が、同時に始まることを意味しています。

地球人類を導き育まれる守護神のほとんどは、ルシエルを主宰神とする地底シャンバラ世界の神々ですから、地球人類は、心から悔い改め神意に目覚めるまで、波乱に満ちた歴史的な審判の渦に遭遇することになるでしょう。

世界経綸の基盤が無い中でのスタートとなりますが、シャンバラ世界の神々(宇宙生命体)と太陽神界の神々(宇宙生命体)が連携しながら、神意に目覚めた神の子=スターピープルを柱に、神と人霊が全面的にサポートする経綸となるのです。

今後、虚構社会は、予想を遥かに超えた浄化(破壊)の潮流に巻き込まれて行くでしょう。
でもどんなに大変な状況となりましても決して守護神との連携を忘れず、素直に神意を担う不動の神の子・スターピープルであり続けて下さい。
それが破壊の渦を免れて、神々と共に未来創造に生きる神の子たちの術であるのです。

シャンバラ世界の宇宙生命体は、ルシエル系とオリオン系を先祖とした種族に分かれているのですが、大きくは東西に分かれて存在してきました。今ではようやく統合の道が開き、千年王国の始まりと共に地上世界の浄化(立替え)に動くことになるでしょう。

2017-05-04T13:40:15+00:00 2016年1月10日|Time series3, ,