Time Series -(第3期)

シャンバラ世界の大変革

シャンバラ世界は、神の子たちを導き育まれる守護神、地域の発展を導き守る産土神、そしてそれら八百万の神々を治め神国(地球)を導かれるルシエル(イシス)が主宰してきたのですが、2015年11月11日にヤハウェが地球に降臨したことにより、シャンバラ世界は、急速な大変革の状況にあります。
これまでシャンバラ世界と地上世界を治めていたルシエル・イシスは、養父母として育んできた人類をヤハウェのもとに還して、人類を神の子に蘇生させる道を開き、シャンバラ世界と地上世界の全ての所有権をヤハウェに返還することで、ヤハウェと一体となり、宇宙経綸を担う先頭に立つこととなるのです。

ですからスサノオや鬼子母を頂点とする魔界もルシエル・イシスに従い、他の神々と共に宇宙経綸=地球創生計画に動かざるを得なくなるのです。

宇宙経綸は、節分を機に神の宮から始まった大きな禊の峠を越えて3月を迎えて参ります。めまぐるしい変化の中であなたの心に隙間をつくらないように、また神の子たちの情報の共有化を図りながら隙間なく効率的に計画を推進して参りましょう。

シャンバラ世界の急速な大変革にシンクロして地上世界も大きな変革を伴うのです。特に魔界は、急激に路線が変化することで大混乱となるのであり、神の子たちはヤハウェとの強い結束がないと魔界に振り回されることになるでしょう。

2017-05-05T21:20:44+00:00 2016年2月27日|Time series3, ,