破壊と創造

MCの役割

MCは、東洋思想における地涌じゆうの菩薩や兜跋毘沙門天とばつびしゃもんてんを支える地天女(地の母なる神)の立場として生まれていますから、元々サナートクマラが守護神でありました。

今後は日本国体から世界国体の母としての役割を担い、冤罪の苦悩から解放されてヤハウェに帰還した父母神(ルシエルとサナートクマラ)を守護神としてFGと共に歩んで参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

FGとMCは、プレアデス系宇宙種族とシリウス系宇宙種族の相剋関係を清算する交差の結び付きですから、夫婦で相剋の東西南北歴史を清算する鋳型となっています。

2017-08-11T05:33:44+00:00 2016年5月11日|破壊と創造,