破壊と創造

メビウス・エネルギー循環の応用-2

人の脳回路は、本来、神々との交信ができるように創造されています。
脳に陽陰の宇宙エネルギー循環の共振回路が含まれているからです。

 剣と光の浄化によって左右の海馬が共振共鳴共鳴共振しはじめますと、松果体と脳下垂体が共振して見えざる感性が啓発され(第三の目が開く)、神々や霊界との交流が始まるのです。
霊界との交流だけでは神と繋がらないのであり、魔界を治め霊界を治める真の神の子(=仏陀=キリスト)とはならないのです。

脳内のエネルギー循環回路は、松果体と脳下垂体、そして左右2つの海馬、この4機能のエネルギーが相互に共鳴し合うことにより霊性と心情の覚醒レベルが決まるのです。

 松果体と脳下垂体がエネルギー共鳴するためには、情報中枢の左右の海馬が相互に共鳴する必要があるのであり、総じて松果体と脳下垂体、そして二つの海馬の共鳴が重要であるのです。 
 
 神から離れた人類は、この4機能の循環回路が閉ざされていると見ることができます。

写真を参考にしながらメビウス循環回路を自分で作成してみてください。簡単なようで難しいのです。この回路が皆さんの意識に入りますと、脳内の活性に繋がるでしょう。

2017-08-11T05:35:42+00:00 2016年5月17日|破壊と創造, ,