破壊と創造

天人地が共創する地球創生計画

破壊と創造を担う宇宙経綸は、ヤハウェの愛に帰還したシャンバラの父母神と四天王、八百万の神々(産土神と守護神)、そしてヤハウェの愛により転換した魔界が、不動の神の子たちを中心に全霊界を牽引して成す地球創生計画であるのです。

四天王は、神道では造化三神+月読神、聖書では三大天使+オリオンを指しています。

東洋の月読神と西洋のオリオン天使の働きは、陰陽の違いがあります。

宇宙経綸では、東洋と西洋の神々と天使たちが初めて統合された神界の体制となるのです。

四天王(してんのう、サンスクリット語:चतुर्महाराज caturmahārāja)は、欲界の六欲天の中、初天をいい、またこの天に住む仏教における4人の守護神をいう。この四天王が住む天を四王天、または四大王衆天(しおうてん、しだいおうしゅうてん)ともいう。
参照:wikipedia