破壊と創造

魔界の仕組み-2

人霊魔界は、シャンバラ世界を治める父母神(宇宙霊)が、真の神の子によってヤハウェに執り成され解放されなければ、地上のいかなる存在にも従うことはしないのです。

なぜなら人霊魔界の頂点に居る霊人たちは、自らを宇宙創造神として君臨させて人類の虚偽世界を牽引して来た長い歴史があるのであり、銀河系宇宙人類の祖であるヤハウェの立場を否定しなければ自らの立場を維持できない存在であるからです。
彼らは、ヤハウェなき人霊魔界を父母神として治めてきた宇宙霊(ルシエル・サナートクマラ)が、ヤハウェの元に真の父母神として帰還することなしに、救いが開かない立場であるからなのです。
現実世界を観察する時に、皆さん自身が魔界の中にいるうちは、魔界の動きを理解することはできません。だから先ず自らが、魔界6.66段階の峠を超えるべきです。
この人霊魔界の呪縛を超えて行こうとする者には、容赦なく魔界は霊的に攻撃して来るのであり、その攻撃が大きい場合は、肉体にも支障を及ぼすのです。

人霊魔界は、宇宙霊ルシエルとサナートクマラが管理していますので、個々に神の子として父母神の冤罪に対するお詫びとヤハウェに対する執り成しがなされませんと人霊魔界の解放はありません。たとえ神の子と名乗っていても条件が整わないうちは魔界は従わないということです。

魔界を超えることは、過去の時代には決して簡単ではありませんでした。
しかし今は、銀河系宇宙人類創造の祖であるヤハウェが地球に降臨できる時代を迎えたのであり、だからこそ自らの歴史的罪からの解放、そして父母神を初めとした神々(シャンバラの宇宙霊)の解放が可能となるのであり、人霊魔界も蘇生して宇宙経綸に参加する道が開かれるのです。

感謝合掌

2017-05-07T21:28:43+00:00 2016年11月12日|破壊と創造, ,