破壊と創造

魔界から神界への意識転換

魔界の頂点(支配領域)がとどまっている成長の6.66段階を超えて、神界の意識に転換する時、誰しもに起こる現象があります。それは、神界に意識を転換させまいと働く魔界と、神界に意識を転換させようと働く神々の試練でもあるのです。

自らの心に巧みに働く魔界を見破れないまま神の子宣言することは、決して魔界が許さないのです。6.66段階にありながら神の子を宣言し歩むことができるのは、ヤハウェと父母神、守護神を初め神々の赦しの保護圏に護られているからこそ可能となる恩恵恩赦であることを忘れてはならないのです。

魔界の限界は、知識として善悪思考の不足を理解することができても、心では善悪の相剋意識にとどまることで、善悪を越えた無償の愛を行使できないことにあります。

だから彼らは、自らに働く魔界を治めることができずして神の子宣言をする者を、許さず徹底的に讒訴して来るのです。
心に働く魔を治めるために命懸けで難行苦行した即身仏や行者にも、魔界を克服した人は残念ながらほとんどいないのです。ですから生きて即身成仏する=神の子となることは奇跡であるのです。

覚りを開くとは、即ち魔界意識を超えて神の子としての意識に開眼することであり、ヤハウェや父母神の赦しの愛=慈愛に触れずに、どれだけ難行苦行しても魔界を治めることはできないのです。

神無き善悪意識にとどまるうちは、自己正当化と責任転嫁の魔性を克服することはできないのであり、罪悪に始まった人類歴史の清算は、人間の力だけではなせません。ヤハウェを初め父母神、守護神の無償の愛(赦しの慈愛)を心から感謝して受け入れずして罪意識の呪縛から解放されることはないのです。

その意味では、ヤハウェを初めとした神々の愛に触れずして、罪悪歴史の清算を目指して理想郷の創建を唱えた東西の世界宗教も、ヤハウェの赦しの愛を無条件に素直に受け入れることから神界領域への入籍がなされるのであり、真の神の子としての出発が許されるのです。

そのためにもヤハウェの降臨と共に宗教は観念から卒業する時代を迎えているのであり、これからは具体的な理想郷建設を主軸に宗教統合の道も開かれて行くことになるでしょう。

感謝合掌

2017-05-12T22:44:09+00:00 2016年12月4日|破壊と創造, ,