破壊と創造

ヤハウェの愛に歓喜するシャンバラ神界

愛無きシャンバラ世界にヤハウェの愛の光が輝き始め、シャンバラ神界(天使界)からヤハウェの愛を讃えるハレルヤの歓喜が聞こえます。

神道式に表現すれば、国常立神と天常立神が銀河系人類の祖ヤハウェの愛により一体することで国津神と天津神の壁が氷解し、限りなくヤハウェの愛が地上世界に輝き始めることを意味しています。例えば伊勢神宮と出雲大社の確執の壁が氷解し、日本民族の歴史的な封印が説かれ、神々が地球創生計画に動き始めることを意味しています。

歌は、長い苦難の航海を終えて故郷に帰る喜びを歌うエンヤの曲です。アレルヤ=アイルランド語、ヤハウェを賛美するハレルヤを意味しています。

Enya – Echoes In Rain