破壊と創造

ヤハウェと銀河系宇宙12種族

Project GAIAでは、銀河系宇宙人類の祖を便宜上ヤハウェと呼んでいますが、アンドロメダ銀河からリラ星系に飛来した初代ヤハウェを初めとする銀河系外12の宇宙種族が肉体を脱いで霊体となってからは、各々種族の子孫たちの守護神として霊的転生を何世代も繰り返しているのです。

リラ星崩壊後に離れたベガ星系の惑星に移動して第二のリラ文明が花開くのですが、この時もリラ文明崩壊時と似た問題が発生し、ベガ文明は分裂して種族別に様々な宇宙文明を築きながら興亡盛衰の銀河系歴史を辿るのです。

この様々な銀河系の長き相剋歴史は、大きくは西のプレアデス星系宇宙人類と東のシリウス星系宇宙人類に、そしてさらに東西各々が南北に分かれた東西南北の相剋歴史として見ることができます。

第三のリラ文明となる地球文明は、銀河系の相剋歴史を清算しない限り同じような文明崩壊を招くのであり、地球上では様々な文明が興っては崩壊し興亡盛衰の歴史を繰り返しているのです。

感謝合掌

…………………………………………..

宇宙の長い歴史の中で、宇宙12種族は、様々な種族に繁殖、淘汰されながら、現在は数多くの種族になっているはずです。