破壊と創造

路線の大変更か否か、最終局面の今

歴史清算の霊的鋳型が完成するか否かで宇宙経綸の計画路線に大きな変化が起こります。

今年の節分あけまでに歴史清算の鋳型を完成させて世界経綸時代の皇統霊団の救いの受け皿を完成させたく思い、昨年8月8日までに皇統霊団の受け皿体制を準備しましたが、皇統霊団の歴史清算に必要な霊的鋳型の人的条件が完成していないのが現状であり、そのため今年の節分までに期間を延長しましたがやはり叶わず、3月一杯を目処として宇宙経綸の路線を決定し宇宙経綸全体をスタートさせないといけない状況となりました。

また3月21日には、銀河系次元のシャンバラ魔界までもが宇宙経綸に参加する道が開き、あとは宇宙経綸に参加される神の子の皆さんが、世界経綸時代の歴史清算の鋳型を自己責任として完成させて地球霊界を動かす霊的条件さえ立てていただければ、小さな条件で宇宙次元の計画を牽引する道が開くのであり、未来創造に向けた地球創生計画を推進する道をトップダウン式とボトムアップ式の同時進行で推進することが可能となるのです。

もしも神の子たちによる歴史清算の霊的鋳型条件が成立しない場合は、トップダウン方式による道が閉ざされますから、草の根的なボトムアップ方式による計画路線になるため計画推期間を延長して世代交代の路線を引き継ぎながら宇宙経綸を推進することになるのです。

すでに世界経綸は昭和の時代に行き詰まり、その後に破綻していますから、ボトムアップ式で経綸を進めるしか道はなかったのですが、今回は世界経綸時代の失敗である歴史清算の霊的条件だけでも立て直し、それを条件にヤハウェは父母神と共に魔界を動かしながら現実世界の歴史清算を一気に行い、未来創造計画をトップダウン方式とボトムアップ方式の同時進行で開いて行く最短の計画を準備しておりました。

2016年を過ぎて2017年となり、ついに最後の大詰めとなり、世界経綸の破綻から10年以上の延長期間を費やして世界経綸時代に失敗した歴史清算の霊的鋳型をつくる最後の大詰めのときとなりました。
宇宙経綸の起動をこれ以上延長ができない限界点に来ましたので、3月一杯を目処にどのような路線で出発するのかを决定させていただきたく、皆様のご理解を心からお願い申し上げます。