世界支配体制のリセット

シティ-国際金融支配体制の中枢

-2

イギリスのシティは、欧米国際金融支配体制の中枢です。ロンドンには、2人の市長が存在し、夜は9千人の人口、昼は35万人に膨れ上がります。またシティの傘下にイングランド銀行や米国FRBを初め各国中央銀行を調整するスイスバーゼルの国際決済銀行(BIS)があります。

この数ヶ月間で闇の支配体制の全体像が浮き彫りになりました。その中で今回のパナマ文書の事件が起こりましたが、目的はイギリスや中国に対する米国側の圧力でした。日本では情報が操作されていますから問題にはならないでしょう。

City of London Skyline

©User:Colin and Kim Hansen / Wikimedia Commons

2018-06-02T07:22:57+00:002016年5月29日|Categories: 世界支配体制のリセット|Tags: , |