世界支配体制のリセット

宇宙経綸の東西経綸

-1

国際金融支配体制が管理する理財を宇宙経綸では浄財として扱うことで歴史清算を具体化して行くことになります。

皇室の財は、国際金融支配体制が管理する財の中でも大きな割合を持っており、理財全体としては、2000兆円を超えるようです。

宇宙経綸における東洋ヒッタイト系(シリウス系)の経綸は、日本の皇統霊団を動かしながら東南アジアに経済の平準化を目的とした理想郷のモデルを地球連邦構想を軸にして創るのです。

同時に西洋イスラエル系の経綸は、世界宗教思想の平準化を目的に超宗教世界を南米をベースに作り上げ、最終的にはバチカンを糾合する事になるのであり、総じて東西2つの経綸を担って行く地球創生計画となるのです。