世界支配体制のリセット

審判の剣

天皇の生前退位の問題を契機に宮内庁の闇に審判の剣が投げ込まれるでしょう。

神の経綸を理解せず、南北朝の政治権力に支配される宮内庁は、ここで一旦リセットされる必要がありますね。
宮内庁のリセットは、バチカン法王庁のリセットにシンクロするはずです。
今後、宮内庁の大禊とともに政治と官僚の闇も大禊を受けることになるでしょう。

宇宙経綸の中核を担う水面下の体制は、古き八咫烏と同じ役割を担うのではありません。確かに裏皇統として機能するのですが、神から離れた旧き習慣の中で役割を担うグループとは、次元を異にしています。

しかしながら歴史清算の頂点時代に八咫烏も国内の虚構世界崩壊の役割を担うために動き出すでしょう。

2018-04-24T23:34:05+00:002016年7月16日|Categories: 世界支配体制のリセット|Tags: , |